FOUR SEASON TOPへ戻る

今、住宅を建設中なのですが、エクステリアのプランはいつ頃から考えていけばよいのでしょうか?
本来、住宅建築とは周りの町並みや隣家との配置等による採光条件などを考慮して、外観のスタイリング、間取り、建物の配置を考えます。ですから、エクステリアのプランニングも家の設計当初から同時進行するのが望ましいでしょう。

既に建築がはじまっているお客様は、できるだけ早く専門業者にご相談になることをお勧めします。そうすれば、家づくりの全体予算の把握も早目にできます。外構予算は、建築予算全体のおよそ10%程度〜が目安。エクステリア予算を早目に資金計画に組み込んでおくことが、素敵な家づくりにつながります。

エクステリアの工事は、自分で出来ないものですか?
案外頑張ったら出来るものです。大変ですが、できた時のうれしさは相当なものです。フォーシーズンでは、DIYで頑張るお客様も応援しています。HPにはエクステリアDIYのコーナーも順次、設置更新してまいりますので、ぜひご参考になさってください。 フォーシーズンでは早目に費用を明示し、ご自身でできること、業者に任せることを分けて提案します。DIYを取り入れて上手にコストを削減しながら、庭づくりを楽しんでください。
一般的に、40〜60坪程度の敷地の住宅の場合、100万円〜150万円程度が相場と考えられています。もちろん、敷地の高低差、植栽、左官工事等内容によって大きく異なりますので、ご要望をお聞かせください。ご予算に応じてDIYの部分を増やされても良いでしょう。
エクステリア業者選びのポイントは?
特に秘訣はありませんが、まずは信頼できる業者を探すことです。そのときにぜひ注目していただきたいのは、その業者さんのプロフィール。ポイントは、施工実績が豊富で、有資格者が在籍しているかということです。  具体的には、一級建築士、造園施工管理技士、土木施工管理士、エクステリアプランナーなどの専門資格者がいるなどの項目をチェックしてください。
設計や見積りをしてもらうだけでも費用がかかりますか?
ほとんどの業者の場合、初期の設計見積や概略提案までは無料ですが、ケースにより異なりますので事前に確認してください。測量などの作業が入る場合は別途費用が発生する場合もあります。フォーシーズンでは、施工のための簡易測量は無料ですのでご安心ください。(詳しくは「庭づくりのプロセス」をご覧ください)
住宅・不動産会社さんにエクステリア工事をお願いすることは利口なんでしょうか?
一般的に住宅・不動産会社が一括して直接エクステリアの設計・施工する場合は少なくなっています。
お客様のご希望予算に合わせて、いくつかの下請業者を使い分けて対応している場合が多いようです。ケースによっては2段階の下請け業者が入っている場合もあります。フォーシーズンでは、施主様からエクステリア業者への直接発注により、中間経費を削減できる形がベストだと考えています。
建物と絡む工事が出てくる場合、住宅・不動産会社を通さなければ、きれいな仕上げができない・・・とよくある話ですが、設計図などをしっかりチェックして建築施工相談に対応できるエクステリア業者であれば、その辺りの調整も問題なく可能です。
知り合いに造園屋さんがいるのですが、センスの良い提案をしてもらえるでしょうか?
確かに昔から造園業を営んでいる業者や植木屋さんは、和風の日本庭園や重厚な色合いのイングリッシュガーデン等を得意にしているところが多いようです。「シンプルモダン」「ナチュラルガーデン」などは最近のトレンドのため、対応に苦慮している場合も見受けられます。さらにお客様のイメージやこだわりも千差万別なので、そのイメージに合わせたビジュアルを使ってのわかりやすい提案が難しいことも多いようです。
フォーシーズンは建築設計事務所が母体なので、お客様のニーズにやイメージに、的確にお答えすることができます。
エクステリア工事のイメージがよくつかめないのですが・・・・。
地中には、住宅のための排水、電気などの管が複数埋設されています。まず最初にそれらを回避、もしくは移設しながら土でベースを造形します。その後に花壇、テラス、植栽工事を実施。 内容により違いはありますが、テラス、アプローチを含むガーデン工事は
1.基礎処理(水捌けの悪い場合は、排水処理対応も行う)
2.土の造形
3.テラスやアプローチの施工
4.植栽工事
という順に進められます。
フォーシーズンの庭づくりの特徴は?
1.見るものの心を癒す庭づくり
2.1年を通して四季の感じられる庭づくり
3.家族が楽しみながら手入れのできる庭づくり
4.周りの環境に溶け込む庭づくり
を心がけております。
また、都市計画規模のまちづくりのノウハウを活かし、『見た目だけ』のデザインではなく、使いづらい空間をより使いやすく楽しいスペースに変えるデザイン=『人とモノの動き』を重点にしたプランニングを行います。
オープン外構・ガーデンに憧れますが、防犯上の心配は?
風通しの良い庭づくりは家の中まで明るくします。
防犯がご心配な場合は、ポイントを押さえたセキュリティーも併わせてご提案させて頂きますのでご安心ください。ただし、お住まいの地区、立地、敷地、環境によっては門扉や門塀をお勧めする場合もあります。 その場合は家の風格やご自身の生活スタイルにマッチしたものをお勧めします。
いずれも夜間に対応できる照明は充実させておいたほうが安全です。また環境にふさわしい照明も併わせてご提案させて頂きます。
工事途中でデザイン変更はできますか?
金額内でおさまる程度の簡易な変更でしたら、事前にご相談の上、できるだけ努力をして対応いたします。
材料の手配・発注後の仕様変更や、当初の工程より作業時間がかかる場合は別途清算して頂いております。